<< 入試試験が変わる | main | 若年死因自殺1位 >>

食品ロス

0

      食品ロス

     

    本当に世の中の食べ残し残飯の多さを感じます。

    そして、宴席などでは、残飯の山。

    本当にもったいない事です。

     

    社会福祉法人しののめ会では、毎日500食の給食やおやつを作っていますが、残飯は本当に少ないのです。

     

    それは、3歳児から自分で自分の食べ切れる量の盛り付け方を毎日しているからです。

    勿論、3歳児くらい迄は保育士の支援を必要とします。

     

    障がい児者も支援員が付いて自分で盛り付けをするのです。

    つまり、自分の食べ切る量を自分で判断できる力を幼い時から身に付けさせたいと考えているのです。

     

    絶対に、職員が定量の盛り付けはしません。

    施設の多くは、調理人が定量の盛り付けた一盛り皿で食べる事が一般的だと思いますが、40年間子供から大人ま「自分の食べる物は、自分で盛る」を実践しているのです。

     

    グループホームの利用者さん達も自分で盛り下膳の皿洗いも自分でするようにしています。

    生活を身に付けるには毎日の当たり前の出来事を当たり前に行動する事だと思うからです。食品ロスは、日ごろの生活の見直しが必要だと強く思います。



    スポンサーサイト

    0

      • 2017.10.20 Friday
      • -
      • 05:45
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      PR
      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      JUGEMのブログカスタマイズ講座