<< 食品ロス | main | 無銭飲食 >>

若年死因自殺1位

0

     若年死因自殺1位

     

    2017年度の厚生労働省の自殺対策白書によると15歳〜39歳までの死因の1位が「自殺」だったとの事でした。

     

    つまり、若者の自殺問題は、深刻だと言う事です。

     

    如何してなんでしょうか?

     

    自分で乗り越えなければならない事が沢山あるのに乗り越えられない精神力なのでしょうが・・・

    発達系に問題が無かったか?

    精神的に落ち込んでいなかったか?

     

    周りから見たら「甘え」にしか見えない事でも実は彼らにとっては重大な問題になっている事が多いのです。

     

    そして、強く感じる事は、人間関係の希薄さです。

     

    彼らの多くは、誰に相談したらいいのか?分からないのでしょう。

     

    累犯を犯す犯罪者も同じです。

    昨日も刑務所に面会に行って来ました。

    「亀田さん。もうしないから。絶対にしないから。」と。

     

    そこで、親兄弟からも見放されてしまった彼には、保佐人を付ける準備に入る確認の為に面会に行って来たのです。

     

    「うん。お願いします。俺、誰にも相談出来なかったんだ。」

    「保佐人を付けるのには、時間はかかるけれど相談が出来る人が身近にいたら良いよね。」

     

    彼は、自殺こそしませんが自分の人生を投げやりになっています。

     

    自殺者も同じ様に感じるのです。

     

    希望も無ければ寄り添ってくれる人も身近にいないのです。

     

    チャイルドラインの運営に関わっていると電話だけでも救われている子ども達がいる事が良く解るのです。

     

    若者たちが希望を持ち歩める人間関係の構築こそ大切にして欲しいと思う毎日です。



    スポンサーサイト

    0

      • 2017.08.23 Wednesday
      • -
      • 05:58
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      PR
      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      JUGEMのブログカスタマイズ講座