前橋の花火大会

0

     前橋の花火大会

     

    天候にも恵まれ沢山の人出でにぎわった前橋の花火大会でした。

     

    毎年、あるマンションの5階のフロアーをお借りして皆で前橋の花火大会を楽しんでいます。

     

    桟敷までとは、行きませんが、それに近い場所なので花火が頭の上に降って来そうなんです。東には、足利の花火大会の小さな花火迄観覧できるのですから一等席だと毎年自負してる場所なのです。

     

    皆、この花火大会を毎年楽しみにしています。

     

    ・簡単なキューリの塩もみ

    ・湯でトウモロコシ

    ・トマト

    ・弁当

    ・飲み物等々、手軽な品を皆で食べるだけなのですが・・・

     

    他施設に通う人から「何処で花火大会見てるん?」と電話が有りました。

     

    来年は、彼にも声を掛けてみたいと思いました。

    皆が、穏やかなひと時を一緒に過ごせる事が幸せなんだと感じた出来事でした。



    16歳の反抗

    0

       16歳の反抗

       

      今、縁が有って16歳のS君をお預かりしています。

      S君が、IQも高く一見問題もなさそうに観えるのですが、眼一杯反抗をしています。

       

      食事の約束の時間には来ないし、本当に、好き勝手な生活になっています。

       

      何時かは、S君が解る日が来る事を信じて待つしかないと思っていたのですが・・・

       

      大きな音を出し室内で踊っていたのでご近所からは、パトカー騒ぎになった為、近くにいた職員にS君に直ぐ会いに行って貰いました。

       

      そしたら、隣の部屋の男性が、S君に落ち着いて話をして下さっていたのでした。

      本当に驚きました。

      S君もお隣の人の話を真剣に聞き入っていたとの事でした。

       

      そして、「こんなにいい所無いぞ。ちゃんと話を聴いてくれる人はいるし、食事だって出してくれるんだから。食べ物も良いしな。」とS君に伝えてくれたのです。

       

      S君は、そのまま部屋に入ってしまったのですが、しばらくして電話を掛けたら電話に出て、「ごめんなさい。」の一言。

       

      過去の仲間にS君の居住場所を教えてしまったので困っていますが、しばらく様子を観たいと思います。

       

      昨日は、美味しい桃が手に入ったので桃を届けに行って来ました。

      「美味しかったよ。」と一言。

       

      16歳の反抗は、大人を疑っているとしか思えませんが、見守っていくしか方法は無いのですから。



      水管理終了

      0

         水管理終了

         

        今年も5反の田んぼの水管理が終わる時期になりました。

         

        田植えをした2〜3日後から毎朝4時半に起きて田んぼに通いました。

         

        既に田んぼには高齢のお年寄りたちが水周りには来ていました。

         

        朝もやの中にシラサギが群れをなした風情は、たまらなく幸せを感じた瞬間でした。

         

        残すところ、稗取りになります。

        しののめ会の全員が関わった米作りです。

        稗取りも皆で頑張りたいと思います。



        沼田市の集団給食

        0

           沼田市の集団給食

           

          学校給食は、時代を超えて必要な物だと感じる今日この頃です。

           

          横浜市の中学生たちは、集団給食では無くて自宅から弁当を持参しているようですが、3期目当選した林市長は、中学生の集団給食の導入を進める方向になりましたが、親の手をかけてもらうのには、具体的な行為として月に2回位の弁当日の導入も考えて欲しいと思います。

           

          さて、群馬県沼田市が3年後を目途に集団の給食センター建設を決めました。

           

          残念な事です。

           

          震災が起きた時の事を考えたら集団の給食センターにしない方が得策だと考えるからです。

           

          自校方式までは行かなくても何か所かに分散した方が、震災時には必要になり使用できますから。

           

          集団給食になると

          ・人件費の集約

          ・全てに管理しやすくなる

          ・給食車の導入(車の値段は、かなり高額)

          ・災害時の対応が出来にくい等々が起きてしまいます。

           

          決済は、市長の判断によるのですから市長も今後の事を考えての事なのでしょうか?

          建設業者や車の販売店の事を考えるよりも、遠い将来を見つめて沼田市民にとっての得策を考えて頂きたいです。

           

           



          虐待相談減

          0

              虐待相談減

             

            4年ぶりに児童虐待の件数が減った様子ですが、簡単には喜べません。

             

            現に、虐待を受けた子どもをお預かりしていると、親の生活の有り方が問われる事が非常に大きくあります。

             

            例えば、毎朝8時30分の登園時間に間に合わなくて、9時になっても保育園に来ない事が多いので、園長は毎朝電話を入れています。

            洗濯物も親の手を煩わせない様に保育園で洗濯をして干す事もあります。

             

            この様な細かな支援をしていても、それが保護者にとって負担になり保育園と保護者との関係が悪くなることもあると思いますが・・・

             

            穏やかな生活の保障は、保護者が当たり前の生活が出来なければいけませんが、其処が、出来ない家庭が多いと感じます。

             

            特に親が精神疾患を患っている場合は、なおさら大変です。

            その矛先は、私に向かって来ますが、「平然」と過ごしています。

             

            社会福祉法人しののめ会の支援は、職員集団皆で一人の園児や利用者の為に支援を考えているのです。

             

            其処に力を入れているからこそ、園児や利用者さん達が落ち着いて過ごせる様になるのです。

            どの様な子どもを預かる時にも家族を迄含めた支援を考えたいと思います。

             

             



            米の先物取引

            0

               米の先物取引

               

              大豆・とうもろこし・金・銀・ガソリン等々が、一般的な先物取引されている商品です。

               

              これらの商品には、商社が間に入り先を見通した金額が動くので大変怖いとされています。

               

              今、この先物取引商品に米を加えようとしていますが、私は、絶対に反対です。

               

              なぜならば、食べる米の減反政策の補助金が無くなる為来年からは飼料米にだけ補助金が付くようになるのです。

              つまり、食べる米の販路を持っている農家だけが生き残る事になるのですから先物取引で値段を吊り上げる必要はないと思うからです。

               

              米の先物取引を希望するのは、商社だけです。

               

              商社の儲けの為に日本人の主食の値段を左右して欲しくないです。

              美味しくて安心して食べられる米の調達に力を入れて欲しいです。



              いのちの電話の危機

              0

                 いのちの電話の危機

                 

                チャイルドラインぐんまの運営に10年間関わっていると「受け手」「支えて」のボランティア不足を痛いほど感じます。

                 

                資金難も同じ悩みですが、どの様に啓蒙して行くかが問われると感じます。

                 

                そして、電話1本で「なにになるの?」と、言われた事も有りましたが、長く関わっていると自分にとって「傾聴の意味」がわかって来たのです。

                 

                今、発達系の利用者さん達と向かい会い傾聴を心がけています。

                すると彼らが、話を聴いて欲しがっている事が良く解るのです。

                 

                そんな時、チャイルドラインに関わっていたからこそ傾聴の意味が解り良かったと思います。

                 

                そして、チャイルドラインの良い所は、被災が有れば直ぐその子ども達にカード配布を実行し全国何処でも無料で話が出来る事です。

                 

                11月には、エリア会議が長野で有ります。

                これは、子ども達の自殺防止の為の学習会です。

                 

                今の子ども達にとって必要な事をいち早くキャッチして動き出すチャイルドラインの方々には、頭が下がります。

                 

                チャイルドラインぐんま」も一人でも「受け手」や「支え手」さん達が増える様に頑張りたいと思います。

                 

                「いのちの電話」も25年ですから凄いですね。

                求めて下さる方々がいる限り継続しかありません。

                危機を乗り越え頑張って頂きたいです。



                ボルト凄い

                0

                   ボルト凄い

                   

                  朝5時からテレビに釘漬け。

                  陸上の世界選手権を観る為です。

                   

                  ボルト選手の最後をテレビ観戦でも良いから、一目見たかったからです。

                   

                  結果は、3位の銅賞でしたが、本当に燃え尽きたボルト選手だったと感じました。

                   

                  ルト選手が、会場に入って来ただけでも凄い拍手の音。

                  人種を超へ会場が一つになった感動がテレビからでも伝わって来たのです。

                   

                  1位で金賞のガトリン選手も35歳ですが、

                  「ボルトが居たから頑張れた。そして、俺が勝ったらもう一度戦おう。」

                  と、素晴らしいインタビューの言葉。

                   

                  6万人の観衆が、一つになった瞬間でした。

                  ボルト選手 お疲れ様でした。



                  8月1日入所した3歳のH君

                  0

                     8月1日入所した3歳のH君

                     

                    言葉が無くて排泄も紙パンツを履いていたH君3歳は、社会福祉法人しののめ会と縁が有り8月1日より利用開始になりました。

                     

                    お母さんと丁寧な面談をさせて頂きその夜から15分程度の親子遊びを導入して頂いたのです。

                     

                    そして、4日の金曜日の朝、お母さんが笑顔で

                    「夕べ、H男が、タオル遊びに自分から来たんです。初めて自分から寄って来たんです。先生、嬉しいです。」

                    と満面の笑顔のお母さんからの言葉でした。

                     

                    本当に簡単な遊びを親子兄弟全員でテレビを切って遊んで頂いたのです。

                     

                    「たった、数日でH男が、布パンツになりおしっこも出来たのには、驚きました。」

                    この様に生活リズムを丁寧に整えただけで、子どもは直ぐに変わるのです。

                     

                    まるで魔法にかけられたように。

                     

                    40年間、この実践を積み重ねてきて感じる事は、本当に実践の継続の大切さなのです。

                     

                    家庭生活でも子どもから大人まで生活リズムを大切にした生活こそ今の社会に求められているのしょう。

                     

                    H男君も言葉を獲得する日が必ず来ます。

                    家庭生活が、基本になるのですから生体の生活リズムを整え丁寧な遊びの継続を大切にして日々の生活を積み重ねて頂きたいですね。



                    言葉が無い

                    0

                        言葉が無い

                       

                      ここの所、3〜4歳の子どもの発語が無い相談を良く受けます。

                       

                      昨日は、2件の相談を受けました。

                      公的機関の3歳児検診受診、後に小児科受診を勧められたケースが多いのですが、多くの親子には笑顔が本当に少ないと感じます。

                       

                      生活も子どもが寝たい時に寝る様な生活になっているので生活リズムが整っていないのです。

                       

                      そこで、丁寧な生活の仕方をお伝えするようにしています。

                       

                      家庭生活の中で実践をして頂くと本当に子どもは、変わります。

                       

                      今、年長を迎えたM子ちゃんは、出会った時は脚は有っても歩く意欲は全くありませんでした。

                      言葉も全くなく泣いてばかりいて指吸いが強かった子どもでした。

                       

                      それから3年、豊かな生活リズムを身に付けたM子ちゃんは、言葉が出て来たのです。

                      まだまだ、単語ですがもう少しで2語文になりそうです。

                       

                      勿論、山登りも全く泣かないで登りきる事が出来る様になったのです。

                      排泄も自立出来ました。

                       

                      発語だけではなくて、M子ちゃんの生活全部が豊かに変わったのです。

                       

                      お母さんが、M子ちゃんを抱き涙を流していた出会いから、3年間で見事に変わった親子です。

                      勿論、お父さんも朝の散歩をして下さっています。

                       

                      「発語が無いから言葉の訓練」だけでは無くて、早寝・早起き・朝の散歩に朝ご飯の生活の継続も大切だと思います。

                      そして、毎晩15分で良いので親子遊びをして下さい。

                      親子で遊ぶのです。

                      その継続の中から夜の寝つきも良くなり朝から元気な子どもになりますから。



                      PR
                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座